松本聖十字教会で働いている金善姫の色々


by yoihime

司祭按手を受けて

司祭按手を受けて 
                                司祭 フィデス 金 善姫

四月十六日に司祭按手を受けました。
司祭按手式は渋澤一郎主教の司式と神学生の時に教会実習でお世話になった笹森田鶴司祭の説教で、主教座聖堂の名古屋聖マタイ教会で行われました。
松本聖十字教会で執事按手を受けてから一年以上の準備期間を過ごして、迎えた日には、中部教区の信徒の方々の祝福とお祈りの中、主教と司祭たちに頭に手を置かれました。
前日のリトリートは、南山研修センターで野村潔司祭の指導で行われました。マルコによる福音書14:32‐42の『ゲッセマネで祈る』イエスの姿から「腹をくくる」という講話とルカ福音書9:28‐36の『イエスの姿が変わる』聖句から「ビジョンを描く」という講話をいただきました。野村司祭の司祭按手を受けてからの経験で、腹をくくる、受け入れる、決断をする、前を向く、責任を負う生き方が求められる事を黙想しました。そして、アメリカの先住民の世界観から「ネズミの視点:見通しがきかない」ではなく、北:野牛(知恵)、南:ねずみ(信頼と無垢)、西:熊(内面性)、東:鷲(物事を明瞭かつ遠くから見極める)洞察力を持って、ビジョンを描き、担う事を黙想しました。
三月十一日に起きた東日本大震災と津波の自然震災と原子力発電所の損傷という人災によって、命を失い、行方不明の方々とその家族、如意なく避難生活を過ごしている方々の大変な状況の中、行われた司祭按手でした。
これから、神に仕え、人々に仕え、神のみ言葉を学び、礼拝を通して神様と人々の和解を伝え、癒しと赦しのメッセージを宣べ告げ、人々と共に泣き、共に笑う者として、イエスの生き方に従って、弱き者の友となりたいと願っております。これからも手に手を取り合って、主と共に歩んで行きましょう。
主に感謝!イースターおめでとうございます!
[PR]
by yoihime | 2011-04-30 02:45 | 『聖十字』